Category: 国連

1: :2015/09/26(土) 20:12:51.76 ID:
「難民受け入れは積極的平和主義の一部」 緒方貞子氏
9月24日(木)8時13分配信

緒方貞子・元国連難民高等弁務官は朝日新聞の取材に応じ、「難民の受け入れくらいは積極性を見いださなければ、
積極的平和主義というものがあるとは思えない」と話し、難民受け入れに慎重な日本政府の姿勢を改めるべきだと訴えた。

日本では昨年、5千人が難民申請をしたが、昨年以前に申請されたものを含めて、昨年1年間に認定したのは11人だった。

1991年から00年まで国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)のトップとして世界の難民問題に対処した緒方氏は
「当時から日本に難民を受け入れてもらうのに苦労した。変わっていないのは情けない話だ」と指摘。
「難民の受け入れは積極的平和主義の一部だ。開発援助も、底辺に届くようなものをどれだけやるかだ」と話した。
続きを読む

1: :2015/09/24(木) 19:55:36.03 ID:
(画像:潘基文・国際連合事務総長)
http://amd.c.yimg.jp/im_sigg9iLHazTyp7g350hTBdO6Ew---n1-x450-y450/amd/20150924-00010003-biz_bj-000-1-view.jpg

 国際連合事務総長である潘基文(パン・ギムン)氏について、「歴代最悪」と批評する声が世界的に多く挙がっている。

 その理由は、公正・中立の概念に著しく欠けると受け止められる言動がたびたびなされるためだ。国連憲章100条には、
「事務総長及び職員は、その任務の遂行に当って、いかなる政府からも又はこの機構外のいかなる他の当局からも指示を求め、
又は受けてはならない。事務総長及び職員は、この機構に対してのみ責任を負う国際的職員としての地位を損ずる虞のある
いかなる行動も慎まなければならない」と規定している。すなわち、公正・中立が求められている。

 潘氏は、9月3日に中国北京で行われた「抗日戦争勝利70年」の軍事パレードに出席した。これに対し日本の外務省は、
国連に対して「中国の記念行事は、いたずらに過去に焦点を当てるものであり、国連としては中立的な姿勢を示すべきだ」と抗議した。
続きを読む

1: :2015/09/23(水) 09:46:10.49 ID:
http://www.chosunonline.com/site/data/img_dir/2015/09/23/2015092300610_thumb.jpg

 韓国のオ・ジュン国連大使は22日、日本の国連安全保障理事会(安保理)常任理事国入りの可
能性は低いとの見解を表明した。

 オ大使はこの日、CBSラジオ「キム・ヒョンジョンのニュースショー」の電話取材で、日本の国連安
保理常任理事国入りの可能性を問う質問に対し「現実的にそのような可能性は極めて低いと思う」
と答えた。

 オ大使はさらに「国連という機関は第2次大戦の結果として誕生したものであり、いわば戦勝国
が作った組織だ。終戦から70年がたつ現時点で、さらに常任理事国を増やすのは、特定の国に
特権を与えることになる。現在の国連のムードでは、そのような主張が受け入れられるのは困難
だと思う」と語った。

 その上で「米国や英国、フランスなどの国々が、常任理事国入りを望んでいる国々に対し「当該
国は(常任理事国になる)相応の資格を有している」と表現しているが、これはそれらの国々に対
するリップサービスにすぎない。国連として、常任理事国を増やすことに賛成しているわけではな
い」と説明した。

ソース:NEWSIS/朝鮮日報日本語版<韓国国連大使「日本の常任理事国入り、可能性は極めて低い」>
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/09/23/2015092300610.html
続きを読む

↑このページのトップヘ