Category: 中国

1: :2015/09/30(水) 21:14:58.51 ID:
中国南西部 13か所で連続爆発 6人死亡
9月30日 20時52分

中国南西部の広西チワン族自治区で30日午後、13か所で相次いで爆発があり、
中国のメディアは、これまでに6人が死亡、数十人がけがをしたと伝えていて、警察は連続爆破事件とみて調べています。

中国のメディアによりますと、南西部の広西チワン族自治区柳州で、現地時間の30日午後4時ごろ(日本時間の午後5時ごろ)、相次いで爆発があり、
これまでに6人が死亡したということです。このほかに、地元のメディアは、数十人がけがをして病院に運ばれ手当てを受けていると伝えています。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: :2015/09/29(火) 18:09:42.89 ID:
習主席、国連総会で演説 戦勝国の立場強調(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20150929-00000049-nnn-int


 中国の習近平国家主席は28日、アメリカ・ニューヨークで行われた国連総会の一般討論演説で歴史問題に触れ、第2次世界大戦の戦勝国としての立場を強調した。

 国連総会に初めての出席となる習主席は、演説の冒頭で歴史問題について述べた。

 習主席「中国は東方の主戦場として、3500万人以上の犠牲を払い、日本軍国主義に抵抗した」

 また、「反ファシズム戦争の勝利に歴史的な貢献をした」と述べ、戦勝国としての中国の立場を強調した。

 一方、韓国の朴槿恵大統領は、いわゆる従軍慰安婦問題を念頭に「被害者の心の傷を癒やす解決策が必要だ」と述べた。また、日本で安全保障関連法が成立したことを受け、「地域の平和と
安定に役立つようにしなければならない」と改めて指摘した。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: :2015/09/29(火) 18:04:27.26 ID:
中国で鍛えられたゴキブリが人民に襲いかかる 耳の中から26匹も… - ZAK×SPA! - ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/zakspa/news/20150929/zsp1509291530001-n1.htm


 ★中華人民毒報

 グロテスクなニュースに中国全土が戦慄した。『河北在線網』(8月26日付)によると、広東省東莞市に住む19歳の男性が、耳の痛みを覚えて病院へ行ったところ、なんと耳の中に26匹の
ゴキブリが生息していたのだ。担当医によると、1匹の親ゴキブリが耳の中に侵入し、そこで子を産んで増殖したとみられる。すぐさま、ゴキブリを耳から掻き出す処置が行われたが、手遅れになれば
聴力を失う危険もあったという。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: :2015/09/27(日) 16:48:35.02 ID:
27日、香港メディアは中国軍が戦車を守る最新素材を開発したことを明らかにしました。
この素材は風船のように軽く、一方で金属のように丈夫な「スーパー素材」であるとのこと。

研究者らはハニカム構造のグラフェンをダイヤモンドのような安定構造にすることで実現したと言います。
近年、グラフェン薄膜については多くの研究者が関心を寄せていました。

グラフェンは深海探査船にも使われる丈夫な素材です。
中国の研究者はこれを超える新素材を開発しました。
5%までの凹みは復元することができ、1000回繰り返しても劣化しないとのこと。

このためロケット弾や弾丸を受け止めるクッション材として装甲に使われるのではないかと考えられています。


http://mil.news.sina.com.cn/2015-09-27/0919839943.html
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: :2015/09/26(土) 20:26:16.20 ID:
2015.9.26 17:40
 ▽オバマ氏

 一、習氏から人民元の(再度の)切り下げは避けるとの話があった。

 一、両国は知的財産のサイバー窃取を行わないことで合意した。

 一、習氏にはサイバー犯罪に関与した者の追及のため、あらゆる手段を適用すると表明した。

 一、東シナ海、南シナ海に関し、全ての国家の航行と飛行の自由を強調した。係争地での埋め立てや施設建設、軍事化に重大な懸念を伝えた。

 一、人権問題に関し憂慮を率直に伝えた。

 ▽習近平氏

 一、南シナ海の諸島は中国固有の領土だ。領有権と、合法的で正当な権益を有している。

 一、南沙(英語名スプラトリー)諸島での建設作業は他国を標的にしたものではなく、軍事化を進める考えはない。

 一、民主主義と人権は全人類が追い求めるものだ。だが各国の歴史や現実が異なることを理解し、それぞれの選択に任せるべきだ。

 一、ことしの中国の経済成長率は政府目標の7・0%に達する。

 一、元安が続く下地はない。対ドル為替レートは安定に向かっている。

 一、「新たな形の大国関係」構築に両国が協調することを希望する。

(共同)

引用元:http://www.sankei.com/world/news/150926/wor1509260058-n1.html
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: :2015/09/26(土) 11:28:42.33 ID:
9月3日に行われた戦勝パレードでお披露目された数々の戦略ミサイル。
これは多くの国に懸念を巻き起こしました。

一方で各国や各メディアはこぞってミサイルの分析を行っています。
グローバルセーフティはアメリカ海軍研究所の談として、
ミサイルの分析記事を発表しました。

これらミサイルは中国の反接近戦略として重要な位置を占めているとみられています。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: :2015/09/24(木) 21:05:28.78 ID:
世界の大半が日本の憲法改正に賛成、中国テレビは「世界中が非難」と報道=「もううそには慣れた」「中国はますます孤立している」―中国ネット (Record China) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150924-00000006-rcdc-cn


2015年9月22日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、世界の大半の国が日本の憲法改正に賛成していると伝える投稿があった。

投稿者は、「日本の憲法改正について米国は、アジア太平洋地域の平和と安定に寄与すると述べ、英国やドイツも賛成を表明している。NATO加盟国は基本的にどこも賛成で、
ASEAN加盟国もほとんどの国が賛成、一部の国が黙認状態だ。でも、中国中央テレビは世界中が日本の憲法改正を非難していると伝えている」と指摘した。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ